おおいたパトロックスとは

「おおいたパトロックス」は、平成23年10月に発足し、大学生を中心とした若い世代の防犯ボランティア団体として、県内各地域で実施される防犯活動等に参加しています。
現在県内には、346団体(平成26年12月末)の自主防犯団体が結成されており、約28,636名の方々が地域の防犯のために日夜活動しています。しかし、20歳代以下の団体は、全体の約2パーセントであり、「おおいたパトロックス」のような若い世代の活躍が大いに期待されています。防犯活動に興味のある学生の方は、ぜひ登録をして一緒に活動をしませんか?一度活動を体験してから登録することもできます。
友達を誘うなどして気軽に参加してください。
詳しくは、県警本部生活安全企画課
   097-536-2131(内線3034)
まで連絡してください。


地球を守ろう、僕らの未来も。

現在の登録者数
58名
(H27.6.30)


学生防犯ボランティア「パトロックス」について


●どんな人が登録しているの?大分県内の大学、短期大学、専門学校に在籍している学生または大分県内に居住する大学生の方です。●どんな活動をするの?大分県内において、大学等の所在地、または居住地を管轄する警察署及び警察本部と連携し、次の活動を行います。

・各種犯罪予防を目的とした広報啓発活動
・全国地域安全運動、年末特別警戒及び各種防犯イベントへの参加
・防犯パトロール及び子ども見守り活動
・子ども、高齢者を対象とした防犯教室
・他の防犯ボランティア団体との合同活動  など●大分パトロックスの活動服って? 登録者には、そろいのベストやサンバイザーを支給します。大分パトロックスのネーム入りです。
また、手帳を交付し、ボランティア活動保険への加入も用意しています。
活動服などの物品支給とボランティア活動保険への加入は、240名までです。
●活動証明書年度末には、学生の求めにより、活動証明書を交付します。
また、顕著な活動を行った大学生に対しては、表彰を行います。
ピンキー

大分パトロックスによる防犯・啓発活動の促進

協働の防犯・啓発活動
  • 学校周辺での合同パトロール
  • 被害防止のための街頭啓発活動
学生の規範意識向上
  • 学校内外でのキャンペーンを通じて、学生の意識を改革
    → 自転車盗難撲滅
    → 痴漢撲滅
    → 薬物乱用防止など
鍵かけ運動等の展開
  • 防犯の基本は鍵かけ
  • 自宅、自転車、バイクなどの「ツーロック」の普及・啓発